顧客情報が必要な理由と使い方

パソコンを操作する

会社の経営を行っている方はどうにかして売上を上げたいと日々考えています。
しかし経営が上手くない人は、どうも漠然と売上を上げる方法を探しているように見えます。

分けて考える

まず売上を上げる為には、売上とは一体何なのかを考えなければいけません。
売上とは、購入者の数と1人における単価が基本となり、そこにリピート率がプラスされる事になります。
これをまずは理解しなければいけません。

情報を集める

現実的に売上を上げる為には、結局の所先ほど述べた購入者の数、単価、リピート率のどれかを上昇させなければいけません。
その為にはまず、購入者の数や単価、リピート率と言った顧客情報を集める事を始めなければなりません。

差が出るリピート率

顧客情報を集める事が出来れば、まず最もわかりやすいのがリピート率です。
リピート率は、良い商品を扱う事が出来ていれば、自然と上昇していきます。その為、まずはこのリピート率に注目しましょう。

細かい情報を集めて活用する

リピート率がある程度備わっている場合には、まずどのような顧客がどのような商品を購入しているのか顧客情報を集めます。
そこから、年齢層などの客層によって、どのような商品が求められているのかを把握する事が出来ます。
その結果、より消費者に求められる商品を開発するヒントとする事が出来るのです。

Comments are closed.