グループウェアで変わった社内

インターネット

僕が勤めている会社では、以前から報告された情報の管理が充分に行われていませんでした。
その為、一つの業務に対しても同じ認識で行なう事が出来ておらず、変更点を把握している者としていない者が混在している状態でした。
これで業務を効率的にと言われても限界があります。

デジタル

この状況を見かねた専務は、情報の管理をアナログではなくデジタルで行なう方針を決定しました。
そしてそれと同時にグループウェアの導入が行われる事になったのです。

ソフトウェア

グループウェアは、情報をより円滑に共有する為のソフトウェアの事です。
グループウェアが導入されてからは、情報がネットを介して全員に共有される事になりました。
その為、誰がいつどの情報を発信したのかが目に見えてわかるようになったので、情報の共有化を簡単に行えるようになったのです。

共有事例

グループウェアでは、様々な情報を共有する事が可能です。
その1つが、会議室の使用状況です。以前は、他の部署に連絡をして、どこが空いているのか聞き、その状況を上司に伝えてという無駄な行動が多かったですが、現在では使用状況がパソコンの画面にて一発で把握出来ます。その為、すぐにどの会議室を使用するのかを決める事が出来るようになりました。

空気が良くなった

グループウェアが導入されてから、会社は嘘のようにギスギスした空気がなくなりました。
情報の共有が円滑に行えるかどうかによって、業務の効率や、業務にあたる社員のモチベーションは大きく変わるのだなと実感する結果となったのです。

Comments are closed.